〒584-0071 大阪府富田林市 藤沢台1丁目4−29

ご予約・お問い合わせは0721-29-4184

受付時間

AM.9:30~PM.12:30
PM.3:00~PM.7:00

▲…土曜の午後の受付時間は6:00まで(休診日:水曜・日曜・祝日)

予防歯科

予防歯科では、健康な歯を維持するお手伝いをしています。

「8020運動」をご存知でしょうか?

“8020”は“ハチ・マル・二イ・マル”と読み、「8020運動」とは“80歳になっても20本以上自分の歯を保とう”という運動です。
28本のうち20本以上の自分の歯があれば、ほとんどの食べ物を噛みくだくことができ、おいしく食べられるといわれています。

また「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」を『健康寿命』と言います。
健康寿命を延ばすためにも、歯やお口の健康は重要と言えます。
美味しく食事ができることは、心の健康にも繋がります。そして、良く噛んで食べることは、脳が刺激され、脳の老化を防ぐことができます。

そのため、歯科医院の役割は「歯とお口の健康を保つ」=「健康に過ごせるようサポートする」と言えます。当院では、予防こそが、最も歯に良い健康法と考え、予防歯科に積極的に取り組んでいます。

予防歯科の内容

予防歯科では、まず、お口の状態をチェックします。そして、状態に合わせてお口のお掃除・クリーニングを行います。
またセルフケアを正しく行って頂けるようブラッシングの指導を行い、患者様と一緒に健康な歯を維持するお手伝いを致します。

  • 口腔内のチェック
  • ブラッシング指導
  • 虫歯や歯周病の検査
  • 食生活の指導
  • 定期清掃
  • かみ合わせの検査

PMTCによる虫歯予防

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略です。
…Professional(専門家による)
…Mechanical(機械的な)
…Tooth(歯)
…Cleaning(清掃)
PMTCは、歯科医院で、歯科医師や歯科衛生士の歯のプロが、専門器具などを用いて歯のクリーニングを行うことです。

長い期間が歯と歯茎の間に溜まってしまった歯垢(プラーク)や、日々のブラッシングで磨ききれない、歯と歯茎の溝「歯周ポケット」の汚れや、磨きにくい所の汚れをプロの手でクリーニングします。日常のセルフケアと合わせて、定期的にPMTCを行うことは、虫歯や歯周病予防に繋がります。

PMTCのQ&A

治療は痛くないですか?
歯のために開発された特殊なブラシやゴムのカップなどを使うので痛みはありません。
何歳から受けられますか?
いつから始めても一定の予防効果が期待でき、年齢によって早すぎるという事はありません。
どのくらいの間隔で行うのですか?
人によって様々ですが 一般的には3~4カ月に1回の割合で行い、定期的に行う事が大切です。
PMTCで歯は白くなりますか?
本来の歯の白さに戻すことが可能です。 しかし、人の歯は もともと真っ白ではありません。本来の歯の色以上に白さを求められる場合は、ホワイトニングが必要です。

フッ素による虫歯予防

フッ素は、虫歯菌が酸を作るのを抑制するだけでなく、酸に強い歯を形成する働きがあります。虫歯などの口内トラブルを防ぐことが出来る大きなメリットがあります。

フッ素の使用方法について

正しいブラッシングを行い歯垢を落とす
フッ素を使用する前に、ハブラシや専用の器具を用いて、歯のクリーニングを行います。
フッ素の塗布
フッ素を専用のスポンジやハブラシで塗布します。
フッ素使用後、30分は飲食は避ける

フッ素を使用すれば虫歯にはならないというわけではありません。日々の『磨けている』ブラッシングなど、正しいケアが必要です。

フッ素は1~3ヶ月おきに定期的に塗布することによって、最大限の効果を期待できます。定期健診とあわせて来院されることをお勧めします。

セルフケア

虫歯や歯周病の予防には、日常でのセルフケアを行うことが一番効果的です。
ただ、歯磨き粉を歯ブラシにつけ、お口の中を泡だらけにするだけでは、効果が低いため、様々なセルフケアをご自身で行うことにより、より効果が得られます。

予防歯科では、患者様お一人おひとりに合ったセルフケアグッズをご紹介させて頂きます。

セルフケアグッズ 説明
歯ブラシ
歯ブラシ
セルフケアの代表格と言える歯ブラシは、正しく磨くことが大切です。様々な種類がありますので、年齢や歯に合った物を選択ましょう。
磨き方は、毛先を歯にしっかり当てることを意識して、毛先が広がらないぐらいの力加減で、小刻みに1本ずつ磨きましょう。
また毛先が広がってくると磨き残しの原因になりますので、新しい歯ブラシに交換しましょう。
デンタルフロス
歯と歯茎の間(歯周ポケット)の歯垢や、歯と歯の間の歯垢を取り除くデンタルフロスは、弾力性のある繊維の束です。定期的に行うことで、歯石の付着を防ぐことができます。
歯間ブラシ
歯ブラシでは磨ききれない、歯と歯の間を磨く時にに使用します。太さの違うサイズがありますので、ご自身に合った歯間ブラシを使用することが大切です。
電動歯ブラシ
歯磨きの時間が短縮できる電動歯ブラシは、電気の力で歯の先を振動させて歯垢を除去します。注意点としては、1本ずつ順番に動かし、一方向だけ磨くのではなく、歯の両側面も磨くようにしてください。
歯磨き剤
ライフステージや症状に合わせた様々な歯磨き剤があります。
例えば、楽しく歯磨きを習慣付けるためのお子様向けの甘い味の歯磨き粉や、冷たい飲み物など歯が染みる方向けの知覚過敏用の歯磨き剤などがあります。